ソニー、デジタル一眼レフカメラ「α100」を発表--カールツァイスレンズも発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月6日、レンズ交換式デジタル一眼レフカメラαシリーズの第1弾製品として「α100」を発表した。カラーラインナップはシルバーとブラックの2色を用意し、7月21日に発売する。メーカー希望小売価格はオープン。推定価格は10万円前後の見込み。

 同製品は、2005年7月にレンズ交換式一眼レフカメラ部門での提携を発表したコニカミノルタとの共同開発で実現された第1弾製品。コニカミノルタ自体は、すでに2006年1月にデジカメ事業をソニーに売却しているが、ソニーは人気ブランドだったαシリーズを継承し「αマウントシステム」を採用することにより、コニカミノルタ時代に発売された交換レンズやアクセサリーとの互換性を図る方針だ。

 ソニーマーケティング取締役執行役員常務・ソニーマーケティング鹿野清氏は「写真をただ撮ってプリントして楽しむというだけでなく、HDDレコーダーに保存して、それを大画面テレビで楽しむといった、AV商品との融合を視野に入れたソニーならではのデジタル一眼レフの楽しみ方を提案していきたい」と語った。

α100 「α100」

 ソニーは、αシリーズを一眼レフデジカメ一般普及機ラインナップとして展開し、今後は同社のコンパクトカメラシリーズ「サイバーショット」との二本柱で、年内にデジカメ市場20%のシェアを狙う構えだ。

 新シリーズ最大の特長は、本体に内蔵された手ブレ補正CCDユニット。内部に搭載された「ジャイロセンサー」によってブレを検知し、CCD自体が上下左右に駆動することでブレを補正する仕組みだ。従来の製品における手ブレ補正機能がレンズ部など外部ユニットに搭載されているのに対して、同製品では本体内部に機能を持たせており、従来のコニカミノルタ製交換レンズでも同様の効果を得ることを可能にした。

 有効画素数は1020万画素。新開発の大型CCDに加え、画像処理エンジン「Bionz(ビオンズ)」により、大容量データのノイズの低下と高感度を実現している。また、CCDに静電気を防ぐ特殊な「アンチダストコーティング」を施し、静電気によるゴミやほこりの吸着を防止。手ブレ補正機能メカニズムを応用し、カメラの電源オフ時にCCDを振動させゴミを落ちやすくする「アンチダスト駆動」を採用し、レンズ交換時に発生しやすいCCDへのゴミの付着を低減する配慮がなされ、レンズ交換型一眼レフカメラの弱点をカバーしている。

 記録メディアは、メモリースティックデュオおよびメモリースティックProデュオ、CFカード(TYPE1、2)、マイクロドライブに対応。表示部は2.5型半透過低温ポリシリコンTFT液晶搭載。リチウムイオンバッテリーパック使用時の撮影可能枚数は、最大750枚(フル充電時)。

 またソニーは、αシリーズ向けに独Carl Zeissと共同開発した高性能レンズ「カールツァイスレンズ」および、コニカミノルタの技術を継承した「Gレンズ」を、7月から順次発売すると発表。広角、望遠、マクロ、魚眼レンズなど21本の交換レンズをラインナップする。

α100 左から独Carl ZeissのDr.ラリー・ハンセン氏、写真家の三好和義氏、ソニー執行役EVPデジタルイメージング事業本部長の中川裕氏、ソニーデジタルイメージング事業本部AMC事業部事業部長の勝本徹氏、ソニーマーケティング取締役執行役員常務の鹿野清氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加