日本IBM、自社サイト利用者の属性に応じて最適なコンテンツを表示するサービス

ニューズフロント2006年06月02日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは6月2日、自社ウェブサイト上で、ユーザーの属性にあわせて最適なコンテンツを自動表示するサービスを始めると発表した。ユーザーのドメイン情報から所属企業と業種を判別し、適当な製品やサービスの情報を追加表示するという。

 「ユーザーは膨大なコンテンツから必要な情報に容易にたどり着くことができ、当社にとっては適切なコンテンツを効率的に提供できるメリットがある」(同社)

 IBMがリバースIP参照技術もとに開発したコンテンツ表示手法「ESP-i」を採用する。ユーザー属性に応じたコンテンツ表示には、ウェブブラウザのCookieを利用する方法が一般的だが、ESP-iではドメイン情報を利用し、ユーザーが自ら属性を登録する手間を省いた。また登録した属性がパソコンに依存するといった問題も解決したという。なお、ユーザーが自ら表示設定を変更することもできる。

 製造業向けには生産管理システムの新製品、金融機関向けには欧米の金融システム動向、小売業向けには販売店専用端末のキャンペーンというように、各ユーザーの興味を引きやすいコンテンツを表示する。得意先やビジネスパートナー向けの専用メニューも表示できるという。

 日本IBMでは、文教分野の業種を対象にサービスの試験運用を始め、2006年末までに全業種に拡大する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加