ポッドキャスティングの著作権料は番組単位で--JASRAC、音楽配信で新料率を適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は6月1日、ネットワーク上で音楽配信を行う「有期限ダウンロード」や、ポッドキャスティングなどの「音声番組」といった、新しい音楽配信ビジネスで提供される音楽作品に支払われる使用料に新料率を適用したと発表した。同時に利用の許諾を開始している。

 新たに適用した新料率は、「有期限ダウンロード」配信について、音楽のダウンロードを主とするものとそれ以外とに区分し、ダウンロード先での再生可能な日数を2段階に分けた上で、それぞれ情報料または収入に応じた1曲ごとの月額使用料率を設定した。また「音声番組」については、楽曲単位ではなく、番組単位の料率を設定した。この新料率については、利用者代表であるネットワーク音楽著作権連絡協議会(NMRC)と合意の上、現行の使用料規程第11節インタラクティブ配信の範囲内で暫定運用するものとしている。

 有期限ダウンロードでの1曲1ダウンロード当たりの使用料率は、再生期限30日以内で、情報料および広告料などの収入がある場合は情報料の5.6%または5.6円のいずれか多い額。音声番組1ダウンロード当たりの使用料率は、再生期限30日以内で、情報料および広告料などの収入がある場合は情報料の5.6%または5.6円、または1.4円×曲数のいずれか多い額などとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加