logo

東芝のハイビジョンレコーダー新製品 新ブランド「VARDIA」として始動

加納恵(編集部)2006年05月16日 21時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は5月下旬より、地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2基搭載し、ダブルデジタル録画を実現したハイビジョンレコーダーを2機種発売する。本モデルより、ブランド名をVARDIA(ヴァルディア)とし、ハイビジョン・デジタル時代を担うデジタルレコーダーへと進化する構えだ。

 新VARDIAブランドとして発表されたのは、「RD-XD92D」「RD-XD72D」の2機種だ。

 RD-XD92Dは600Gバイト、RD-XD72Dは400GバイトのHDDを搭載し、他社のフラッグシップ機並みのHDD容量を誇る。今回最大のポイントは何と言ってもダブルデジタルチューナー搭載による、デジタルダブル録画を実現したこと。HDDにハイビジョン放送をハイビジョン画質のまま2番組同時に録画できるほか、内蔵チューナー+外部入力などによるダブル録画など、多チャンネル時代に即した使い勝手が魅力だ。

 またDVDドライブは、従来のDVDマルチに加え、DVD-R DLのVR録再までサポートし、デジタル放送のコピーワンスコンテンツを長時間保存できるなど、より充実した仕様へと変更された。スカイパーフェクTV! (スカパー!)番組の録画予約が簡単に行える「スカパー!連動」やハイビジョン番組でも簡単かつ素早く編集できる「マジックチャプター」「おまかせプレイリスト」といった、RD時代から定評のある機能もそのまま継承されている。データ容量が多くマシンに負荷がかかると言われるハイビジョンコンテンツも、独自の「RDエンジンHD」により、快適な操作感を提供してくれる。

 デジタルレコーダーの中では、いち早くネット連動機能を打ち出したシリーズだけに、新モデルはインターネット経由で番組情報を取得する「iEPG」や外出先からメールを通して番組予約が行える「メール予約」に加え、DLNAガイドラインにも対応した。家庭内デジタルネットワークの中核を担うモデルとしても、その位置付けをさらに強固なものにしたと言える。

VARDIA (左)VARDIA「RD-XD92D」600GバイトHDDを搭載。店頭予想価格は16万8000円程度。(右)「RD-XD72D」400GバイトHDDを搭載。店頭予想価格は13万8000円程度

-PR-企画特集