インデックス、2006 FIFAワールドカップのIP送信権を4社に供与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インデックスは5月16日、同社の保有する「2006 FIFAワールドカップ」のIP送信権を、テレビ朝日スカイパーフェクト・コミュニケーションズスカパー・モバイルソフトバンク クリエイティブの4社にサブライセンスすると発表した。

 IP送信権とは、日本国内において、2006 FIFAワールドカップの動画をインターネットおよびモバイル端末へ配信する権利。各試合のハイライトシーンを最長20秒、1試合につき合計4分まで(最大で12シーン)を、試合終了後数時間で配信できる。なお、スカイパーフェクト・コミュニケーションズとスカパー・モバイルへのライセンス提供については5月15日に発表されている。

 4社は今回のサブライセンスの供与により、インターネット、またはモバイルサイトにて、2006 FIFAワールドカップ全試合の速報映像、ハイライト映像を配信することが可能になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加