logo

生活シーンを楽しくするデザイン・ストレージ「LaCie Skwarim」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LACIE
内容:きわだつデザインを施したハードディスクをラインアップしているラシージャパンから、コンパクトで持ち歩き可能なUSB接続のハードディスクが登場した。「LaCie Skwarim (Pink) 30GB」と「LaCie Skwarim (Blue) 60GB」の2タイプだ。

使用感は快適、とにかく目立つデザインとカラーリング

  • 大きさはコンパクトだがカラーが目立つ。こんなものをパソコンに接続すれば、どこへ持っていっても注目を集めるだろう。

 実際の使用では、パソコンに接続するだけでWindowsが標準で持っているドライバーが自動でインストールされる。初めて接続したときだけ利用可能になるまで数十秒待つ必要があるが、2回目以降では差し込めばすぐに利用可能となる。

 要はUSBメモリーキーや、一般的なUSB接続のハードディスクドライブと全く同一だ。機能的な面でも違いはなく、それらを使いこなしているユーザーであれば、全く違和感なく使える。

 電源もUSBポートから供給されるため、別にACアダプターなどを使う必要はない。本体には外部から電源を受け取る端子などもないため、接続するUSBポートは十分な電力を供給できることが必要だ。マニュアルによるとUSBハブなどを使わず、直にパソコンに接続するように求められている。

 転送速度はUSB 2.0(Hi-Speed)に対応するためインターフェースは480Mbpsだが、ハードディスクドライブの転送性能を含めて20MB/秒カタログ値)となっている。1GBのファイルなら計算上51.2秒で転送できることになる。

 ボディのサイズは突起を除いて85×85×13mm。前述のように、USBコネクターの部分にコネクター取り出し用の突起がある。85mm四方というコンパクトなデザインだが、ピンク、ブルーともに蛍光色に近い色使いのため、存在感は抜群。打ち合わせの席などでノートパソコンに接続して使用すれば、周囲の注目を集めることは確実だ。

  • BlueはPinkに比べると若干おとなしい色だが、目立つことに違いはない。

  • サイズは85mm角の正方形。USBコネクター部にコネクターを引き出すための突起がある。

  • 薄さも13mmと薄い。デザインが気に入ったら複数色をまとめて持ち歩けばさらに注目を集めるだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]