logo

GMOインターネット、イーバンク銀行の筆頭株主に

永井美智子(編集部)2006年03月30日 22時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOインターネットがイーバンク銀行の筆頭株主になったことが3月30日、明らかになった。成長率の高い金融事業をグループに取り込み、収益性の向上を図る狙いだ。

 GMOインターネットは、3月24日にイーバンク銀行の株式7500株を取得した。従来保有していた3万918株と合わせると、イーバンク銀行への出資比率が6.45%となり、法人として筆頭株主となった。

 また、GMOインターネットとオリエント信販、イーバンク銀行の3社は、3月30日付けで、資本・業務提携することに合意した。これにより、イーバンク銀行は今後、オリエント信販への出資を検討する。

 イーバンク銀行は、GMOインターネットグループに同銀行が提供する決済サービスの導入を促す。また、GMOインターネットグループの顧客基盤を使って、口座数の拡大を目指す。

 オリエント信販は、イーバンク銀行の決済インフラを利用して、オリエント信販の発行するクレジットカード業務と消費者ローン業務の効率化を図る。

 GMOインターネットはイーバンク銀行に対し、社外取締役を1名派遣する予定だ。またイーバンク銀行は、将来的にGMOインターネットグループに取締役候補者を派遣する。

-PR-企画特集