NTTドコモ、グアムの移動体通信事業者を買収--W-CDMAでの3Gサービス導入目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは3月20日、グアム島および、サイパン島を含む北マリアナ諸島の移動体通信事業者であるGuam Cellular & Paging(グアムセルラー)およびGuam Wireless Telephone Company,LLC(グアムワイヤレス)を合計7180万米ドル(約83億円)で買収することに合意した。

 グアムセルラーは、Guamcell Communications(グアムセルコミュニケーションズ)およびSaipancell Communications(サイパンセルコミュニケーションズ)のブランド名でCDMA方式による携帯電話事業を展開している。また、グアムワイヤレスは、HafaTEL(ハファテル)のブランド名でGSM方式による携帯電話事業を展開しており、現在、当該地域におけるドコモのローミングパートナーとなっている。

 ドコモは、新たに設立する投資持ち株会社を通じ、グアムセルラーを100%買収する。さらに、グアムセルラーを通して、グアムワイヤレスから営業譲渡を受けることにより、両社を統合する予定だ。また、統合会社に対し、設備投資資金として650万米ドル(約7.5億円)を上限とする資金投入を実施するとしている。

 両社の買収、統合により、日本からの渡航者数の多いグアム島と北マリアナ諸島において、GSMネットワークの強化、およびネットワークのGPRS化によるパケットローミングの実現を通じた顧客利便性の向上を狙う。また、将来的にはグアムセルラーの保有する周波数帯も利用したW-CDMA方式による3Gサービスの導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加