SDカードオーディオ「D-snap Audio」とSDミニコンポ「D-dock」に新ラインナップ

エースラッシュ2006年03月16日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は3月16日、新製品としてSDオーディオプレーヤー「D-snap Audio」の6機種および、SDミニコンポ「D-dock」の2機種を発表した。発売は4月21日から。

 D-snap Audioは、記録メディアにSDメモリカードを採用した携帯オーディオプレーヤーだ。パソコンからはもちろん、SDミニコンポ「D-dock」を使えばより簡単に、楽曲を音楽CDからSDメモリカードに保存できる。今回は新ラインアップとして、D-snap Audio「SV-SD370V」「SD310」「SSD770V」「SSD710」「SSD570V」「SSD510」と、D-dock「SC-PM730SD」「SPM930DVD」を発表した。

D-dock「SC-PM730SD」とD-snap Audio「SV-SD370V」

 D-snap AudioのSV-SD370VとSD310は、幅44.0mm×高さ54.7mm×奥行き11.7mmというコンパクトボディーに、JIS第2水準の漢字に対応した2行表示の有機ELディスプレイを搭載。高音質ステレオインサイドホンが付属するほか、10分で約3時間の再生が可能な急速充電機能も備えている。

 SV-SD770とSD710は、最薄部が約9.9mmのスリムモデル。7行表示が可能な液晶ディスプレイ、操作性の高いタッチスライドを搭載するほか、高音質菜ダブルドライブインサイドホンも付属する。また、3分で約3時間再生を実現する急速充電機能に加え、SV-SD770Vでは付属の単3形乾電池ケースを併用して約150時間の連続再生が可能だ。

 SV-SD570VとSD510は通常の「ノーマルスタイル」に加え、首掛け式のインサイドホン一体型ストラップホルダーを装着した「ストラップスタイル」、ジョギングなどに便利なクリップホルダーを装着した「クリップスタイル」という3種類のスタイルで利用できる。2行表示の液晶ディスプレイ、10分で約3時間再生が可能な急速充電機能を搭載するほか、高音質ステレオインサイドホンも付属する。

 なお、SV-SD370V、SD770V、SD570Vは海外対応のFMステレオチューナーとボイスレコーダー機能を搭載するほか、長時間再生が可能な単3形乾電池ケースも付属する。本体カラーはSV-SD370V、SD310がシルバー、ピンク、ブルーの3色となっており、SV-SD770V、SD710がシルバー、ブルーの2色。SV-SD570V、SD510がオレンジ、ホワイトの2色からそれぞれ選択できる。

 D-dockのSC-PM730SD、PM930DVDは、5ディスクチェンジャーとSDカードスロットを搭載したステレオシステム。音楽CDからSDメモリカードへの録音スピードを最大5倍速まで向上したほか、CDからSDおよびMDへの「5CDイッキ録り」機能も備える。

 音質面では、振動板にアラミド繊維をすきこんだ新開発の「PPアラミドファイバーウーハー」により、クリアなボーカル帯域を再現している。

 上位機種のSC-PM930DVDはDVDオーディオ再生に対応しており、ハイブリッド・バイアンプ、アドバンスドプログレッシブ映像再生、パワーオフリジュームなども搭載する。本体カラーについては、両製品ともにシルバー、ホワイト、ブラックの3種類が用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加