logo

マイクロソフト、Winny経由で情報を流出させる暴露ウイルスの駆除ツール

ニューズフロント2006年03月15日 14時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月15日、PC内の情報をファイル共有ソフトWinny経由で外部に流出させるワームAntinnyなどへの対策を強化するため、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」でいわゆる暴露ウイルスを駆除できるようにしたと発表した。

 悪意のあるソフトウェアの削除ツールは、マイクロソフトがセキュリティ更新プログラムとともに毎月定期的に提供しているウイルス、ワーム駆除ツール。3月15日の時点で、情報漏えいに関連する43種類の暴露ウイルスを駆除できる。

 同ツールで暴露ウイルスを駆除するには、Microsoft Update(またはWindows Update)、自動更新機能、悪意のあるソフトウェアの削除ツールウェブサイトWindows Server Update Servicesといった機能を使う。マイクロソフトは、PC上で動かして駆除できる単体実行版をウェブサイトで公開している。

 さらに、マイクロソフトは、Winnyに関するセキュリティ上の脅威や対策方法などについて、ウェブサイトで情報提供している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]