logo

MS、グラフィック製品の開発を一時中止--関連ツールやVistaの開発を強化 - (page 2)

文:Renai LeMay (ZDNet Australia)
翻訳校正:尾本香里(編集部)
2006年03月14日 11時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Interactive Designerは、インタラクティブなウェブページやWindowsアプリケーションのユーザーインターフェースを作成し、レイアウトするためのもので、一方のWeb Designerは単にウェブサイトを構築する製品だ。

まずはアクセサリツールを

 Expression製品ラインは、コードを記述するソフトウェア開発者とビジュアル要素を製作するグラフィックアーティストが、Microsoftが開発したExtensible Application Markup Language(XAML)を用いて簡単に連携を図れるようにすることを目的としている。

 「したがって、ほかの2種のツールが利用可能になっていない現況では、Graphic Designerをどうしてもリリースしなければならない理由はないのである。同製品は、Web DesignerおよびInteractive Designerをサポートすることが絶対に必要だ」(Smith氏)

 同氏によれば、Graphic DesignerはWeb Designerとほぼ同時期にリリースされることになり、Interactive DesignerおよびVistaの発表はそのあとになるという。

 「両製品は、小さなスタジオのようなコンセプトで、同じパッケージに同梱して提供する可能性さえある」と同氏は述べ、「Web Designerは、現在の標準技術に基づく設計ツールであるため、最初にリリースされる見込みだ。それがいつになるかは分からないが、2006年末頃になるだろう。10月か11月頃かもしれない。このとき、Graphic Designerも同時にリリースされることになると思う。相乗的な効果を考えると、2つのツールを一緒にした方がいい」と続けた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]