ソニー、ウォークマンに楽曲のダイレクト転送が可能なハードディスクコンポ発売

エースラッシュ2006年03月01日 18時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月1日、単体でエンコードや音楽データのダウンロード、ポータブルプレイヤーへの書き込みができるハードディスクコンポ「ネットジュークNAS-D5HD」を発表した。発売は3月21日から。

「ネットジュークNAS-D5HD」

 ネットジュークNAS-D5HDは、40Gバイトのハードディスクを内蔵し、CDの再生機能およびAM/FMチューナーを備えたハードディスクコンポだ。100BASE-TX/10BASE-Tのネットワークコネクタをもち、ネットワークに接続できる。音楽ダウンロードサービス「エニーミュージック」に対応し、直接ダウンロード販売で楽曲をハードディスクに取り込むことも可能だ。

 手持ちのCDやラジオ放送をハードディスクにリニアPCMまたはATRAC、MP3形式で録音できる。またLAN経由でパソコンに蓄積された楽曲を取り込むことも可能だ。蓄積された楽曲は直接再生するだけでなく、USBポートからウォークマンをはじめとするポータブルプレイヤーに書き込んで持ち運ぶこともできる。

 価格はオープン価格だが、市場推定価格は6万5000円前後。対応が確認されているプレイヤーは、現段階では同社製機器のほか、アイリバー、クリエイティブメディア、RIOの一部製品が挙げられている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加