logo

ウィルコム、高速通信「W-OAM」対応の端末の発売日を2月23日に決定

エースラッシュ2006年02月16日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムおよびウィルコム沖縄は2月16日、高速化PHS通信規格「W-OAM」に対応した「AX520N」など3機種を、2月23日より順次発売することを発表した。

 W-OAM(WILLCOM Optimized Adaptive Modulation)とは、ウィルコムが1月27日に発表した高度化PHS通信規格のこと。電波状態に応じて変調方式をQPSK、8PSK、BPSKから自動選択することで、従来と比べてデータ通信速度は約1.6倍、8xパケット方式では最大408kbpsの通信速度を実現する。

 W-OAMの発表時に公開されていた対応端末「AX520N」「AX420N」「AX420S」の3機種の発売日は、AX520NとAX420Nが2月23日、AX420Sが3月9日となっている。

 通信方式については、PCカードタイプのAX520Nのみ8xパケットに対応しており、CFカードタイプのAX420NとAX420Sは4x、2xパケット方式までとなっている。なお、AX520NとAX420NはNECインフロンティア製、CFカードタイプのAX420Sはセイコーインスツル製だ。

-PR-企画特集