英国大手ISP、BitTorrentソフトを使った映像配信サービスを試験へ

文:John Borland(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)
2006年02月13日 21時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国最大手のインターネットサービスプロバイダ(ISP)とBitTorrentソフトウェアの配布元企業は現地時間2月10日、共同で新しい高速映画ダウンロードサービスの試験を行うと発表した。

 英国のブロードバンドプロバイダ最大手のNTLは、従来のダウンロード方式よりも低価格で映像コンテンツを提供する手段として、ファイル交換ソフトを使った新サービスをテストする。テストに際しては、CacheLogicと呼ばれる別の企業のデータキャッシング技術を使って、ネットワーク効率の改善を図る。

 BitTorrentは、これまで映像の違法コピーを交換するために広く利用されてきた同社のファイル交換技術を映画製作会社やISPが合法サービスに利用するツールに変えたいと考えており、今回のNTLとの提携はその目標の実現に向けた第一歩といえる。

 BitTorrentのAshwin Navin社長は「これまでBitTorrentプロトコルに関連するトラフィックがNTLのトラフィックの多くを占めていた」とした上で、「しかし過去には、著作権者、ISP、BitTorrentのいずれも、そこから経済的利益を得ていなかった」と語った。

 両社によると、技術試験は2006年4月に開始され、夏の終わりまで続くという。Navinは、試験でどのようなコンテンツを使用するかについては発表を避けたが、NTLはケーブル企業であり、映像コンテンツの各種権利を保有していると語った。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加