logo

ドコモと日本テレビが業務提携に合意--ワンセグ放送に向けLLP設立

岩本有平(編集部)2006年02月09日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモと日本テレビ放送網(日本テレビ)は2月9日、テレビ番組と携帯電話を連携させた新サービスを共同で検討するために業務提携することで合意した。

 今後は、ワンセグ放送のデータ放送部分とiモードを連動させるなど、放送と通信を連携させた新サービスの導入を検討する。また、日本テレビの提供するコンテンツとVライブ、iモーションといったドコモの既存サービスとの連携や、日本テレビのイベント事業においてドコモのおサイフケータイの活用などで協力を進める。

 さらに、今回の提携により有限責任事業組合(LLP)の「有限責任事業組合D.N.ドリームパートナーズ」を共同で4月3日に設立する予定だ。出資金額は100億円で、NTTドコモと日本テレビがそれぞれ50億円ずつ出資し、存続期間は7年間とする。このLLPでは、携帯電話での展開を視野に入れた、テレビ番組のコンテンツ投資を実施する。

-PR-企画特集