Firefox 1.5にセキュリティアップデート登場

文:Joris Evers(CNET News.com)
翻訳校正:坂和敏(編集部)
2006年02月03日 09時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間1日、Mozilla Foundationが「Firefox 1.5」のアップデートを公開した。このアップデートでは、同ブラウザにある複数のセキュリティ脆弱性が修正されたほか、機能の改善を目的とした変更も加えられている。

 「Firefoxバージョン1.5.0.1」では合計8カ所の脆弱性が修正されているが、Mozillaではこのうち1つを「重大」、4つを「中程度」、そして3つを「軽微」に分類している。Mozillaのセキュリティ警告によると、これらの深刻な欠陥が原因で、脆弱性を抱えるFirefoxが動作するシステムが乗っ取られる可能性があるという。

 今回修正されたなかには、極めて長いタイトルの付いたウェブページを表示するとFirefoxがクラッシュするという問題も含まれている。この問題は昨年暮れに明らかにされていた。

 セキュリティ監視会社のSecuniaでは、今回のアップデートを「非常に重大」に分類している。同アップデートのリリースノートによると、Mozillaはすべてのユーザーに対して最新バージョンへの移行を推奨しているという。

 さらに、今回のアップデートではセキュリティ関連の修正に加え、Mac OS X向けバージョンの安定性が高まっている。Firefox 1.5は昨年11月にリリースされた。なお、ユーザーは自動アップデート機能を使うか、Mozillaサイトから手動ダウンロードすることで新バージョンにアップデートできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加