logo

ジャストシステム、ATOKの変換辞書の配信や共有ができるシステムを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは1月30日、ATOKの変換辞書や電子辞典を配信・共有することで、社内用語の変換や表記の統一などに役立つ「ATOK Business Solution辞書配信システムIV」(ATOK辞書配信システムIV)を3月17日より発売すると発表した。

 ATOK辞書配信システムIVは、社内独自の用語を収録したATOK変換辞書を配信・共有することで、社内用語のスムーズな変換や、表記統一に役立つほか、通常の入力操作で人名から内線番号を検索したり、商品名から価格に変換できるなど、企業内情報の検索ツールとして利用できる。

 また、システム導入時に、サーバ設定やアカウント設定をウィザード形式で簡単に実行できる「ABSサーバ導入支援ツール」を新搭載。システム導入時に発生する煩雑なサーバ設置・設定などが円滑化できるため、初期導入コストの低減と同時に、システム管理者の負担を減らすことができる。

 また、最新の日本語入力システムATOK 2006に対応するほか、同日発売予定の文章校正支援ツール「Just Right!2」の校正辞書を配信できる追加プラグインを設定した。社内用語の共有に加えて、独自に設定した文章校正ルールを共有できる。

 価格は「ATOK 2006」100ライセンスをセットにした年間契約式の「ATOK Business Solution辞書配信システムIV 100(年間)」が20万円/年。100クライアントまで配信可能な配信システムのみの「ATOK Business Solution辞書配信システムIV」が10万円で、こちらは別途ATOKが必要だ。「Just Right!2校正辞書配信プラグイン 100(年間)」は5万円/年、「Just Right!2校正辞書配信プラグイン」は20万円となっている(価格はすべて税別)。

 動作環境は以下のとおり。


  • ABS辞書公開サーバ
    OS:Windows Server 2003/2000 Server(SP4以上)
    Red Hat Enterprise Linux ES3/ES4/AS3/AS4/WS
    Red Hat inux Professional WorkStation
    Turbolinux 10 Server/FUJI
    ウェブサーバ:Windows IIS 6.0/5.0、Apache 2.2/2.0/1.3、Linux Apache 2.2/2.0/1.3
    CPU/メモリ:OSが推奨する環境以上
    ハードディスク:空き容量30Mバイト以上
    ネットワーク:HTTPが利用可能な環境

  • ABS辞書取得クライアント
    OS:Windows XP/ME/98/2000 Professional(SP4以上)
    CPU/メモリ:OSが推奨する環境以上
    ハードディスク:空き容量20Mバイト以上
    ネットワーク:HTTPが利用可能な環境
    日本語入力システム:ATOK 2006/2005/17 for Windowsのいずれかが必要
    その他:Microsoft Internet Explorer5.5(SP2)以上が必要

  • ATOK辞書作成支援ツール OS:Windows Server2003/2000 Server(SP4以上)/XP/ME/98/2000 Professional(SP4以上)
    CPU/メモリ:OSが推奨する環境以上
    ハードディスク:空き容量20Mバイト以上

-PR-企画特集