logo

サムライワークス、ウインドウズカスタマイズソフトを発売

藤本京子(編集部)2005年12月22日 18時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムライワークスは12月22日、コンシューマー向けウインドウズカスタマイズソフト「WindowsBlinds」「ObjectDock Plus」「IconPackager」の3タイトルを発売開始した。パソコン用パッケージソフトの企画販売を手がけるトリスターとの協業の下、トリスターよりパッケージ版にて提供される。

 今回発売した3タイトルは、米Stardockが提供する製品をサムライワークスが日本向けに開発したものだ。サムライワークスは、これら3タイトルの日本国内での独占販売権を取得している。

 WindowBlindsは、Windowsのスタートメニューやタスクバーなどのスキンを自由に変更するためのプログラムだ。現在全世界でのダウンロード数は800万以上で、選べるスキンの数は2800を超えている。

 ObjectDock Plusは、プログラムや実行中のタスクをデスクトップ上でランチャーによって整理するためのプログラム。IconPackagerは、Windowsのアイコンが自由にカスタマイズできるプログラムだ。

 価格は3タイトルともすべて税込みで3480円となっている。

-PR-企画特集