iPodにテレビ番組をデジタル録画、米企業がソフトウェアをリリース

Daniel Terdiman(CNET News.com)2005年12月20日 13時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分のビデオ再生可能な「iPod」でABCテレビが放映しているドラマ「ロスト(Lost)」を見たい場合、Apple Computerに料金を支払ってiTunes Music Storeから番組をダウンロードする必要はもうなさそうだ。

 Hauppauge Computer Worksという企業が、「Wing」というソフトウェアアプリケーションをリリースした。Wingは、個人用ビデオレコーダー技術をPCで利用するためのプラグインカード「WinTV-PVR」と一緒に使うことで、ビデオiPodやSonyの「PlayStation Portable(PSP)」にテレビ番組を直接ダウンロードできる。

 ニューヨークに本拠を置くHauppauge Computer Worksの社長、Ken Plotkinは、「(Wingを利用すれば)録画した好きなテレビ番組を携帯デバイス用フォーマットに変換し、持ち歩けるようになる」と話している。

 Wingは、ビデオiPodやPSP向けの「TiVo」(デジタルビデオレコーダー)のようなものだ。ユーザーのPCから携帯デバイスへ、Hauppaugeのカードを経由でテレビ番組をデジタル録画できるのである。HBOテレビの番組など、ケーブルテレビのプレミアムコンテンツを視聴するときは、セットトップボックスもしくは衛星受信機をPCと接続する必要がある。

 Plotkinによれば、Wingで番組を録画するには、ふつう再生に比べ、2倍の時間がかかるという。例えば、1時間枠のドラマ「デスパレートな妻たち(Desperate Housewives)」の録画所要時間は2時間となる。

 Wingソフトウェアの価格は24.95ドル、WinTV-PVRカード自体は99ドルである。

 Wingの利用が法律に反するのではないかというユーザーの心配は不要だと、Plotkinは話している。同ソフトウェアの用途は、個人利用に限られているからだ。

 「ビデオテープにテレビ番組を録画して、ビデオデッキで再生するのと同じこと。録画した番組を配布しようとする人々を助けるものではない」(Plotkin)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加