MS、Vista向けにセキュリティ上のバグ発見ツールを開発中

Joris Evers(CNET News.com)2005年12月19日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、これまでのオペレーティングシステム(OS)に比べて稼働時のユーザー特権が制限された「Windows Vista」向けに、セキュリティ機能とソフトウェアとの間で発生するコンフリクトを発見するツールを開発中である。

 このツールは、「LUA Buglight」と呼ばれ、Vistaの新機能「Least User Access(LUA)」に関連するバグの特定を目的としている、とMicrosoft関係者は声明のなかで述べた。Vistaは「Windows XP」の後継OSであり、2006年に発売が予定されている。

 LUAにより、Vistaでは、稼働時のユーザー特権が制限されることになる。一方、Windows XPでは、管理者モードで稼働されることが多い。この変更はWindowsのセキュリティ向上を意図したものである。例えば、不正プログラムが標準ユーザモードで動作するPCに侵入した場合、管理者モードで動作するPCに侵入した場合と比べると被害が少なく済む。

 「LUA BuglightはMicrosoft Consulting Servicesが開発中の新ツールであり、アプリケーション内のLUAバグの原因を迅速に特定することを意図したものである。この情報によりバグが修復または対処され、利用者は、管理者が持つフル特権を必要とせずにOSを動作させることができる」とMicrosoft関係者は電子メールの声明で述べている。

 Microsoft関係者によれば、このツールは主として、自社製および他社製アプリケーションのバグを修復する必要があるIT専門家を対象としているという。しかし同ツールは、開発者が開発中のアプリケーションにおいてLUAバグを発見するために利用することもできる、と同関係者は述べている。

 LUA Buglightの提供はまだ先になるが、Microsoftでは、その公開時期を明らかにしていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加