ミツエーリンクス、検索キーワードから不足コンテンツを発見するサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミツエーリンクス(高橋仁社長)は、WebサイトにASP型サイト内検索機能を 追加して、ユーザーが利用した検索キーワードの分析を行い、ユーザーが知り たい情報が提供されていないなどのコンテンツの不足箇所を発見する「コンテ ンツホール・ソリューション」を発売した。

 ニューズウォッチが提供するASP型サイト内検索ツール「サイトナビ」の実 装によりサイト内検索機能を追加し、サイト内検索ワード分析、コンテンツホー ル分析などの月次分析レポートを作成して報告する。さらにオプションで、不足 コンテンツ充足のためのコンテンツ企画や実装といったサービスを提供する。

 これにより、ユーザーと企業の間のコミュニケーションギャップを埋め、定 期的な分析からユーザーの興味・関心に関するトレンドを抽出することで、We bサイトを通じた企業とユーザーの関係性構築をサポートする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加