ネット検索、ウェブ利用活動の第2位へ--米調査

Jo Best(Silicon.com)2005年11月22日 16時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最新調査から、検索エンジンを利用してあれこれ検索することが、ウェブで2番目に頻繁に行われる活動だということが明らかになった。

 Pew Internet & American Life Projectによれば、検索エンジンを利用する米国のインターネットユーザー数は、2004年半ばから急増しているという。2004年7月に30%程度だった検索エンジン利用者が現在は41%まで伸びており、これは5900万人のアメリカ人が利用している計算になる。

 Pewプロジェクトから、検索に時間をかける人の多くが30代で、どちらかというと富裕層に属することもわかった。

 また同調査は「傾向として平日にサーチエンジンを利用しているのはヘビーユーザーである。接続環境はダイヤルアップではなく、ブロードバンド接続が多く、1日に数度インターネットにログオンし、かなりの時間をオンラインで過ごしている」とも付け加えている。

 この調査結果は、事業を大々的に拡大している検索大手のGoogleにとっては良いニュースだ。Nielsen/NetRatingsの最近調査によると、Googleは検索分野で約46%のシェアを占め、23%の業界2位のYahoo Searchを2倍も引き離しているという。

 検索エンジンの利用は伸びているが、オンライン活動で第1位にランクされた電子メールには遠く及ばない。同調査によれば、米国のインターネットユーザーの約52%が、平日にもメールを送信しているという。

 また、同調査の第3位には、ウェブでニュースを読むことが入っていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加