logo

Xbox 360の米国発売にあわせ18タイトルが登場--「史上最強のラインナップ」?

Daniel Terdiman(CNET News.com)2005年11月15日 14時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間14日、次世代ゲーム機「Xbox 360」の発売にあわせて登場するゲームソフトのラインアップを正式に発表した。

 同社は、米国で22日に発売されるこの18タイトルについて「歴代のビデオゲーム機発売時に登場したなかでも最強の品揃えになる」と述べている。

 この18タイトルのなかには、Electronic Arts(EA)の「Madden NFL '06」「NBA LIVE '06」「Need for Speed Most Wanted」やActivisionの「Call of Duty 2」「Tony Hawk's American Wasteland」など、すでに実績のある作品の続編が多く含まれている。

 「発売初日にどんなゲームソフトが出るかについて、Microsoftがこれまで話してきた事柄を踏まえると、ほぼ予想通りのタイトルが出揃うことになる」とIDCアナリストのSchelley Olhavaは述べている。「このラインアップはたしかに強力だ。しかし、最強というのは大袈裟だ」(Olhava)

 同氏は、18タイトルのうち11タイトルがスポーツ関連のものである点について、「スポーツものに少し偏りすぎている」気もするとした。22日に発売されるもののなかには、アメリカン・フットボールやバスケット、ホッケー、サッカー、レース、スノーボード、スケートボードなどのゲームがある。

 「しかし、シューティングゲームにスポーツ、アクション、アドベンチャーなど、ゲーム種類のバランスはよくとれている。明らかに不足している分野というものは、これといってない」(Olhava)

 DFC IntelligenceアナリストのDavid Coleも同意見で、このラインナップはスポーツ関連に偏りすぎていると述べる。だが同氏は、Microsoftが発売から4年が経過した初代Xboxとの差別化を図ろうとしていることから、この点が同社にとって有利な材料になる可能性があると語った。

 「スポーツ関連のゲームソフトは、ゲーム機の発売時にいつも歓迎される。見栄えがするし、新旧システムの違いをはっきりと示せるからだ」(Cole)

 18タイトルの中には、Activisionの「Gun」やEAの「FIFA Soccer '06: Road to 2006 FIFA World Cup」など新しい顔ぶれも入っている。

 しかし、Microsoftは「Halo 3」をリリースしないようだ。業界内にはHalo 3が出るとの噂が流れていたが、「Halo 2」の登場からまだ1年あまりしか経っていないことから、続編を出すのはほぼ不可能であったと考えられる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集