ネットエイジ、起業育成事業でインフォリスクマネージのITインフラ活用

岩本有平(編集部)2005年11月09日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットエイジとインフォリスクマネージ(旧アイティーマネージ)は11月9日、インキュベーション(起業支援)事業のITインフラについて業務提携に合意した。

 ネットエイジは現在までに30以上のインターネット関連事業を育成してきた。今後はMSP(マネージメントサービスプロバイダ)のリーティングカンパニーであるインフォリスクマネージの提供するフルマネージドホスティングサービス「utilityz」を、ITインフラとして利用する。

 システム運用監視やシステム改善のプロフェッショナルサービスを提供するMSPを利用することで、ネットエイジはインキュベーションするシステム開発のスピードをより高速化させるとともに、インキュベーション事業の高収益化を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加