logo

AOL、米副大統領の娘を雇用

Elinor Mills(CNET News.com)2005年10月26日 18時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AOL広報担当者は米国時間25日、Time Warner傘下のAmerica Onlineがチェイニー副大統領の娘、Mary Cheneyを雇い入れたことを確認した。

 AOL報道担当のNicholas Grahamによると、Mary Cheneyは、America Online副会長で、ウェブベースのプログラミングや製品を通してAOLのインターネットユーザーを増加させる部門を率いるTed Leonsisと緊密に連携して仕事をするという。

 「長年、公共政策や広報業務などのさまざまな事業に携わってきたMaryは、America Onlineに計り知れないほどの才能とスキルそして見識をもたらすだろう。またMaryは、マーケティングやオンライン業界一般、またオンライン市場についても幅広い知識を持っている」とAOLに迎え入れた理由を聞かれた広報担当者は答えた。

 Mary Cheneyは、最近は副大統領である父親の側近として働いていた。有名な同性愛者として知られている彼女は以前、ビールメーカーCoors Brewingで、同社と同性愛者コミュニティを取り持つパイプ役を務めていた。当時、Coorsは同性愛者の権利を批判した人達に寄付をしたとして批判されていた。

 Mary Cheneyに世間の注目が集まらないように努力したにもかかわらず、2004年の大統領選では、何度かの公開討論会で同性愛者の権利について話題が及んだとき、彼女が同性愛者であることが取り沙汰された。チェイニー副大統領は、この問題に関し、深入りしようとしなかった。

 AOLは長年率先して同性愛者にやさしい政策や慣行を促進してきており、同性パートナーを認め、その子供たちに普通の子供たちと同じ恩恵を与えているとGrahamは述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集