logo

WIN端末でPCドキュメントの閲覧が可能に--KDDIがビューアーを提供

エースラッシュ2005年10月20日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIと沖縄セルラーは10月20日、「CDMA 1X WIN」端末向けに、PDFやMicrosoft Officeドキュメントなどを閲覧できる「EZドキュメントビューアー」を提供すると発表した。

 「EZドキュメントビューアー」は、Eメールに添付されたパソコン向けのドキュメントを、ファイル変換サーバに転送してEZアプリからアクセスすることで閲覧可能にするサービスだ。なお、変換されたファイルは24時間で削除される。

 対応ファイル形式はPDF、Excel、PowerPoint、Wordで、複数ページのドキュメントやZIP圧縮されたファイルも閲覧可能だ。ファイル容量は約2Mバイトまで対応、閲覧時には拡大および縮小、回転、スクロールが可能となっている。

 月額利用料金は税込で105円、EZアプリ対応の全WIN機種で利用可能となっている。提供開始は12月上旬の予定だ。

-PR-企画特集