米PBSが「オタクTV」--著名技術者のインタビューをネット配信

Elinor Mills(CNET News.com)2005年09月08日 16時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Public Broadcasting Service(PBS)は米国時間7日、ウェブでの視聴に限定したインタビュー番組「NerdTV」を開始した。この番組では、技術開発者や技術企業幹部のインタビューをダウンロード可能な形式で配信する。

 また、PBSは、「The NewsHour with Jim Lehrer」や「Nova」などの人気テレビ番組のポッドキャスト配信も開始した。

 NerdTVで配信されるインタビューでは、技術コラムニストRobert X. Cringelyが、Google最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt、Linux開発者Linus Torvalds、Apple Computer共同創立者Steve Wozniak、Sun Microsystems共同創立者Bill Joy、MacintoshオペレーティングシステムプログラマAndy Hertzfeld、コンピュータマウスの発明者Doug Engelbartなどの話を聞く。

 PBSによると、NerdTVは、1時間のインタビューを毎週1回、Creative Commonsライセンスに基づいて配信する。同ライセンスにより、視聴者は、非商用目的に限って、番組の改編および再配布が可能になる。

 PBSが配信を開始するポッドキャストには、毎週放送のニュース解説番組「Now」、独立系ドキュメンタリーを紹介するエミー賞受賞番組「P.O.V.」「Religion & Ethics Newsweekly」、そして、ドキュメンタリー「The Rise and Fall of Jim Crow」なども含まれる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加