logo

RSSを利用して企業サイトを自動生成する「Sky FEED」公開

別井貴志(編集部)2005年08月25日 21時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スカイアークシステムは8月25日、RSSソリューションシステム「Sky FEED」のベータ版を公開した。9月中旬に正式版をリリースする予定になっている。

 Sky FEEDは、複数のウェブサイトの更新情報を集約したウェブサイトを自動で構築したり、RSSを配信していない既存のウェブサイトからRSSを自動で生成、配信できるサーバインストール型のシステムだ。

 これまでの一般的なHTMLで構築されたウェブサイトのURL指定すれば、RSSを自動生成できる。自動生成すると、Sky FEEDから専用URLが発行されるので、そのURLをウェブページに埋め込めばRSSが配信可能となる。

 また、複数のRSSフィードを1つに集約して、自動的にページを生成することもできる。たとえば、自社のウェブサイトの各ページにRSSを設置しておけば、Sky FEEDが自動巡回し、巡回先のRSSが更新された場合にSky FEEDで生成したトップページが自動的に更新されるといった利用が可能だ。応用すれば、自社以外のさまざまなサイトのRSSを1つに集約して、自動更新されるページもできる。

 このほか、RSSごとの日別、週別、月別のアクセス数をグラフ表示できるレポート機能がある。

 パッケージ価格のベースライセンスは、1サーバRSS数が10個までで42万円。ベースライセンスには1年間のメールによる問い合わせと無償バージョンアップが含まれる。追加ライセンスはRSSを5個追加するごとに5万2500円かかる。また、ベースライセンスを次年度以降に引き継ぐためには年間保守費用が10万5000円必要だ。パッケージ版のほかに、ASP版も現在開発を進めている。なお、同社に連絡すればベータ版を利用できるという。

-PR-企画特集