logo

MS、「Windows Vista」で日本語フォントを一新--JIS X 0213:2004規格にも対応

エースラッシュ2005年07月29日 20時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは7月29日、次期Windows OS「Windows Vista」のリリースに向け、日本語フォントの「JIS X 0213:2004」規格への対応と、可読性を大幅に向上させた新しいデザインフォント「メイリオ」について発表した。

 JIS X 0213:2004は、2004年に改正された最新のJIS漢字規格だ。今回の対応により「表外漢字字体表」に示された「印刷標準字体」が全面的に採用されるほか、新人名用漢字のすべての漢字が利用できるようになる。

 また、今回は新デザインの日本語ClearTypeフォント「メイリオ」も同時に開発された。このフォントは、ClearTypeの効果を最大限に利用でき、特に画面上での日本語の文章の可読性を大幅に向上させる。広い用途に適した新世代のサンセリフ系(角ゴシック)フォントで、本文用レギュラーと見出し用ボールドの2つのウェイトからなるフォントファミリーとしてWindows Vistaに搭載される予定だ。

 今回開発を進めている「JIS X 0213:2004」対応MSゴシック3書体、MS明朝2書体、「メイリオ」は開発者向けの「Windows Vista Beta 1」に含まれる。なお「メイリオ」は「Windows Vista」にのみ提供予定だが、「JIS X 0213:2004」対応MSゴシック3書体、MS明朝2書体は「Windows XP」向けにも提供される予定だ。

マイクロソフトのプレスリリース

-PR-企画特集