ライブドアがブログに続き「Wiki」をサービス化

藤本京子(編集部)2005年07月07日 21時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドアは7月7日、「Wiki」の無料ホスティングサービス「livedoor Wiki」ベータ版を開始した。登録無料のlivedoor IDを持っていれば無料でWikiを使える。livedoor Wikiでは、スタート時にWikiの使用例として、株式やM&A関連の用語集、秋葉原の店舗情報、レストラン情報などを提供する。

 Wikiは、ブラウザからウェブページの作成や編集が容易にできるコンテンツ管理システムで、複数のユーザーが共同でコンテンツを更新していけることが特徴だ。Wikiが一躍有名になった例としては、大勢の参加者が百科事典を作り上げていく「Wikipedia」がある。

 これまでWikiは、ユーザーがサーバにアプリケーションをインストールして利用する場合がほとんどで、サービスとして提供している事業者は少ない。大手のライブドアがサービスとして提供したことで、ブログのように普及する可能性もある。

 ライブドアでは、「ブログが個人の日記なのに対し、Wikiは特定のテーマが軸となり、体系的に情報を整理するのに適している。例えば、ゲーム攻略情報を共有するといったことにはWikiが多く利用されている」としており、Wikiをブログに匹敵するコミュニティサービスとして提供する考えだ。今後ライブドアでは、livedoor Wikiをブログなどのサービスと連携し、「ユーザーがさまざまな形態で情報を収集、閲覧、発信できるようにする」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加