店頭でBTOモデルのパソコンが購入可能に--日本初の取り組み

エースラッシュ2005年06月08日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MCJとビックカメラは6月8日、マウスコンピュータ製PCを用いたオリジナルの「店頭BTO方式のパソコン」を、ビックカメラ パソコン館池袋本店、新宿西口店、有楽町店の3店舗で本日より販売開始したと発表した。

 店頭BTO方式のパソコンは、ビックカメラの各店舗に設置された専用端末を使って、予算や目的などに応じた自分専用のカスタマイズPCを購入できる。家電量販店の店頭でオリジナルBTOモデルを販売するのは、今回は日本初の試みとなる。

 サービス開始時には、Celeron D 340(2.93GHz)/256MBメモリ/80GBのHDD/DL対応16倍速DVD±RWを搭載したローエンドモデル(税込5万2290円〜)などのBTOベースモデル7種類と、CPUやメモリといった13項目の変更パーツが用意されている。

 今後は順次商品ラインナップの充実を図るとともに、各店舗及びビックカメラのネットショップ「ビックカメラ.com」に展開していく予定だ。

ビックカメラ

マウスコンピュータ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加