logo

デルとHP、リサイクルの取り組みを強化

David Becker(CNET News.com)2005年04月22日 21時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DellとHewlett-Packard(HP)は今週、4月22日の環境保護記念日「Earth Day」に先立って、自社のリサイクルプログラムの料金を引き下げた。

 IT企業各社はここ数年、古くなったコンピュータが生み出す膨大な量の危険な廃棄物について、それを処理するよう求める圧力にさらされている。モニターや回路基盤のような装置には、有害な化学物質がたくさん含まれており、そのまま埋め立てられてしまうと、土壌や地下水を汚染するおそれがある。NEPSI(National Electronics Product Stewardship Initiative)のような団体が、コンピュータメーカー各社に使われなくなったハードウェアを責任を持ってリサイクルするよう強く求めた結果、再生される資源の量も毎年増えてきている。

 HPは米国時間21日、古いコンピュータを回収する際にユーザーから徴収している費用を一時的に半額にすると発表している。このプロモーションは5月31日まで続けられ、同時にHPを通じて旧型機器をリサイクルした場合に、新しいHP製品の価格を50ドルまで割引するリベートプログラムも提供する。

 HPは、ユーザー向けのリサイクルプログラムを数年前から提供しており、モニタやプリンタなどの機器の処分に17〜46ドルの料金を徴収している。また同社は、インクやトナーカートリッジのようなプリンタ備品の無料リサイクル・プログラムも行っている。

 HPは声明の中で、2004年に使用済みのハードウェアとプリンタカートリッジを計1億2000万ポンド(約5万4432トン)リサイクルし、1987年からの総計では6億1600万ポンド(約27万9418トン)に達したと述べている。同社では、2007年末までに10億ポンド(約45万3600トン)の廃棄物をリサイクルする計画だという。

 この日は、Dellもユーザーや企業向けのPCリサイクルの費用を引き下げた。

 Dellでは、期間限定で大企業顧客から無料でハードウェアを回収する計画だと述べている。この取組みが適用されるのは、100台以上の機器を処分する場合で、対象となるマシンもPentium IIIプロセッサかそれ以上のデスクトップPCやPentium II搭載のノートPCなど、比較的新しいものであることが条件となる。

 Dellではまた、ユーザー向けリサイクル価格の無期限引き下げも行っている。同社では現在で、Dellにリサイクルを依頼した場合、PC1台につき10ドルを徴収している。これまでの費用は15ドルだった。またユーザーがPCを買い換える場合は、これまで通り古いマシンを無料で引き取るとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集