logo

TigerとLonghorn--これほど似通っているのはなぜ - (page 2)

Ina Fried(CNET News.com)2005年04月20日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらが先か

 だれがだれのアイデアをとったかと言う点については、両社がともに相手のほうを指差すという、どっちもどっちの部分がある。

 Appleは、昨年Tigerを初めて披露した時からすでにMicrosoftをからかうようなそぶりを見せていた。同社は開発者会議を開いた際に、「This should keep Redmond busy(マイクロソフトはこれから大変)」とか「Introducing Longhorn(Longhornを発表します)」といったメッセージの書かれたポスターで会場を埋め尽くしていた。

 Allchinは、MicrosoftがTigerを模倣したとの考えをはねつけ、仮想フォルダのコンセプトは同社が2003年秋に行ったLonghornの先行公開の際にすでに一部を紹介していたと指摘した。「Appleがわれわれのアイデアをコピーしたのかもしれない」(Allchin)

 しかし、Spotlightに使われている検索技術は、2001年1月に登場したiTunesを皮切りに、もうしばらくの間Mac用アプリケーションの主要な機能になっているものだと、Macファンが指摘するのは間違いない。

 そして、AllchinもAppleの功績を認めている。

 「Steve JobsがCEOに復帰して以来ずっと、私はAppleの動きをチェックしている。AppleはMicrosoftのいいライバルだと私は思っている」(Allchin)

 同時に、AllchinはMacの増加数がWindowsユーザーの増加とは比べものにならないと指摘し、さらにAppleの売上の伸びは主に音楽関連のものだと付け加えた。「MacはいまやiPodの周辺機器になっている」(Allchin)

 それでも、LonghornとTigerの間には、1つ大きな違いがある。

 Appleは2週間もしないうちにTigerを発売する。それに対して、Micorosoftでは来年の後半までにLonghornを出したいと考えている。

 「最初に出してくるのはAppleだ。その点をきちんと評価しないわけにはいかない」とJupiterのGartenbergは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]