logo

マイクロソフト、Windows Server 2003 SP1日本語版を提供開始

ニューズフロント2005年04月19日 16時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月19日、サーバOS「Microsoft Windows Server 2003」用の修正プログラム「Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)日本語版」の提供を開始した。ウェブサイトで無償ダウンロード提供と、CD-ROM実費送付サービスの注文受け付けを行う。

 Windows Server 2003 SP1を導入すると、これまでの更新プログラムを一括適用できる。さらに、Windowsファイアウォール、データ実行防止(DEP)機能、セキュリティの構成ウィザードなど、セキュリティを強化する機能を新たに組み込める。

 同社は、修正プログラムの概要と導入方法を記述した文書「Windows Server 2003 Service Pack 1 早わかりガイド」の公開もウェブサイトで開始した。「適用のメリット、適用方法、適用後の影響と対策をわかりやすく解説している」(同社)

 また、同社によると、デル、東芝、NEC、日本IBM、日本ストラタステクノロジー、日本ヒューレット・パッカード、日本ユニシス、日立製作所、富士通、三菱電機インフォメーションテクノロジーなどは、Windows Server 2003プレインストールモデルに順次Windows Server 2003 SP1を同梱またはプレインストールして提供する予定という。

マイクロソフトのプレスリリース

-PR-企画特集