ミラクル・リナックス、64ビット版Linuxクラスタソフトを出荷開始

ニューズフロント2005年04月11日 14時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは4月11日、64ビットx86アーキテクチャ対応のクラスタソフトウェアパッケージ製品MIRACLE CLUSTERPRO V3.1 for x86-64の出荷を開始した。税別価格は60万円。

 MIRACLE CLUSTERPROは、ミラクルのLinuxサーバOSと、NECのLinuxクラスタソフトウェアCLUSTERPROをパッケージ化した製品。CLUSTERPROが64ビット対応したことを受け、64ビットOSへの対応を完了させたもの。

 CLUSTERPRO SE V3.1 for x86-64(2CPU)とCLUSTERPRO LE V3.1 for x86-64(2CPU)、MIRACLE CLUSTERPRO V3.1 - Asianux Inside for x86-64(2サーバ)で構成する。インテル64ビットXeonプロセッサ、AMD Opteronプロセッサ/Athlon 64プロセッサの利用が可能。

 仮想メモリのユーザー空間は、32ビット版では3GBだが、64ビット版では512GBとなる。また、大規模メモリを使用する際の処理性能が飛躍的に高まるという。OSが32ビット互換モードを備えているので、既存資産も有効活用できる。

 同社は、同パッケージを利用したシステムの構築支援コンサルティングサービスも用意している。

ミラクル・リナックスのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加