logo

エブリパスとKDDI、BREW携帯電話で業務アプリを利用可能にするソリューションを提供

エースラッシュ2005年02月15日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エブリパス・ジャパンとKDDIは2月15日、BREW対応の携帯電話から業務アプリケーションを利用可能にするソリューションサービスを開始すると発表した。

 既存のERPシステムやCRMシステムをウェブベースの同一プラットフォームから利用できるようにするエブリパス・ジャパンの製品「Everypath MTA Platform」のクライアントモジュール「Everypath MTA Agent」をBREWに対応させた。これにより、企業はEverypath MTA Platformを採用して、BREW対応携帯電話からシステムを利用できる環境を整えることが可能になる。また、BREWに対応することで、アプリケーションをダウンロードしてネットワーク環境のない地域でオフライン利用することが可能となる。

 両社は、大型機器やOA機器などの保守メンテナンス業務、製薬業界の営業サポート業務などを中心にこのソリューションを提供する予定だとしている。

KDDI
エブリパス・ジャパン

-PR-企画特集