マクロミルとAIP、調査対象を海外在住者に拡大したサービス開始

ニューズフロント2005年02月07日 15時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクロミルとエー・アイ・ピー(AIP)は2月7日、世界各国の消費者を対象とする市場調査サービスGlobalMillの共同提供を開始した。

 GlobalMillは、AIPが管理するアジア、北米、欧州など世界25カ国約458万人の調査パネルと、マクロミルが持つネット調査のノウハウを組み合わせ、世界各国の消費者を対象に市場調査を実施するサービス。マクロミルが、海外消費者向け商品を手がけるメーカーを中心に販売する。

 郵送調査や会場調査などの従来型調査手法を用いて国内から海外調査を実施する場合に比べ、費用は約2分の1で済むという。利用料金は対象国により異なるが、米国の男女200人を対象に質問数20問程度の調査を行うと、調査票の翻訳費用込みで約85万円となる。

 また、調査結果は開始から1週間程度で納品される。1カ国のみを対象とする調査だけでなく、複数国の消費者に対する同時調査も実施できる。

マクロミル
エー・アイ・ピー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加