logo

個人情報保護法の施行直前でセキュリティブースに高い関心--NET&COM2005 - (page 2)

奥隆朗(CNET Japan編集部)2005年02月04日 21時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年2月2日〜2月4日に開催された「NET&COM2005」は、ネットワーク関連の企業が各種のソリューションを展示するイベントである。ただ、今回は個人情報保護法やe文書法が4月に施行を控えているとあり、個人認証などを含めたネットワークセキュリティ関連のシステムが、多数出品された。また、来場者の関心も、情報漏洩対策関連の製品・ソリューションに集まっていた。

VoIP導入などで増え続けるトラフィックに対応するハイエンドスイッチ。ライブドアの提供するIP電話サービス「Skype」なども、エクストリーム製品を利用している(エクストリーム ネットワークス)

ファイアウォール/ウイルス対策に加えて、SPAMメールフィルタリングを備えたゲートウェイ製品。独自のスパム研究機関を持つことで、高確率でスパムメールを排除できるという(シマンテック)

社内ネットワークの検疫だけでなく、SSL-VPNで接続する際のリモートクライアントの環境もチェックできるなど、総合的なソリューションが注目を集める(チェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ)

日本が誇る高度な技術を利用した純国産の暗号化システム。比較的安価にインターネット経由の拠点間通信の安全性を高められる(NTTソフトウェア)

SBC(Server Based Computing)は、個人情報の漏えい対策に有効とあって、高い関心を集めていた。以前よりSBCソリューションを展開しているシトリックスシステムズのブースは多数のユーザーを集めていた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]