logo

個人情報保護法の施行直前でセキュリティブースに高い関心--NET&COM2005

奥隆朗(CNET Japan編集部)2005年02月04日 21時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年2月2日〜2月4日に開催された「NET&COM2005」は、ネットワーク関連の企業が各種のソリューションを展示するイベントである。ただ、今回は個人情報保護法やe文書法が4月に施行を控えているとあり、個人認証などを含めたネットワークセキュリティ関連のシステムが多数出品された。また、来場者の関心も、情報漏えい対策関連の製品・ソリューションに集まっていた。

耐震性に優れたラックシステムと、顔面の特徴や指紋を使ったバイオメトリクス(生体認証)システムを併用する入退出管理システム。管理システムは、クライアントPCのログオフなどとも連動できる(NECソフト)

電子メールを介した情報漏えい防止ソリューション「GUARDIAN WALL」。詳細なフィルタ設定が可能で、試験運用と本運用を分けてフィルタリングを実施できる点も特徴だ(キヤノンシステムソリューション)

-PR-企画特集