logo

米ゲートウェイ、イーマシーンズの新デスクトップ5機種を発売

エースラッシュ2005年01月18日 18時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米ゲートウェイは1月18日、「イーマシーンズ」ブランドの新デスクトップパソコン5機種を発表した。新機種にはすべてUSB2.0ポートや、8種類のメディアが扱えるメモリカードスロットが搭載されている。

 エントリーモデルの「J2922」は、CPUにCeleron D330(2.66GHz)を採用。60GB/7200rpmのHDDやDDR-SDRAM 256MBのメモリ、コンボドライブなどを搭載して4万4800円となっている。

 「J2924」はスタンダードモデルで、Celeron D335(2.80GHz)や80GB/7200rpmのHDDを搭載。2層書き込み対応のDVD±R/RWドライブ付きで価格は4万9800円に抑えられている。また、同等のスペックで160GB/7200rpmの大容量HDDやDDR-SDRAM 512MBのメモリ、AGPスロットなどを採用した「J2955」も用意されており、こちらの価格は5万9800円となっている。

 スペックで上位機種となる2モデルも用意されている。ハイパフォーマンスモデルとなる「J6424」は、Athlon64 3200+やSDRAM 512MBメモリ、200GBのHDDなどを採用。あらゆるメディアに書き込みが可能なDVD-RAM/±R/RWドライブやAGPスロット、6チャンネルのオーディオ出力なども特徴といえる。価格は7万4800円だ。ハイエンドモデルの「J4420」には、Pentium4 540(3.20GHz)やSDRAM 512MBメモリを採用。DVD-RAM/±R/RWドライブや250GBのHDD、PCI-Expressスロットなども搭載し、価格は9万4800円となっている。

 これらの新機種は1月22日より順次発売される予定で、石丸電気、上新電機、九十九電機、ノジマのほか、今回より新たにベスト電器の主要15店舗でも販売が開始される。

イーマシーンズ
ゲートウェイ

-PR-企画特集