Macworld開幕迫る--アップル、今年は数多くの新製品を発表か - (page 2)

Ina Fried (CNET News.com)2005年01月11日 11時06分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 500ドルMacは、Appleにとって大胆な動きとなるだろう。同社はここ数年、ローエンドのパソコン市場に向けた製品をほとんど出していなかったからだ。

 現行製品のなかで最も廉価なeMacは、17インチのCRTモニタを搭載したオールインワンタイプで、価格は799ドルとなっている。これに対し、噂に上っている新モデルはモニタなしになるという。

 フラッシュメモリを採用したiPodについては、何週間も前から各所で発表の予想が出ているが、これもJobsにとっては完全な方向転換を意味している。同氏は過去に、フラッシュベースのMP3プレイヤーについて、購入はしても利用されないデバイスだと非難したことがあるからだ。だが、昨年Jobsがこのようなコメントをして以来フラッシュメモリの価格は低下し続けてきており、通常は1〜2時間分の楽曲を保存できる現行製品よりもはるかに大量の曲を保存できる製品の可能性も生まれてきている。

 このような携帯音楽プレイヤーは、絶好調のiPodシリーズを基盤としたAppleの今後の成長にも役立つことになる。このところ、同社の売上高は四半期ごとに倍増の勢いを示している。Bear StearnsアナリストのAndy Neffは、先月発表した調査メモのなかで、AppleはフラッシュベースのiPodを現会計年度中に600万台、来年度には1350万台販売できるとしている。

 Think Secretによると、Appleは1Gバイトのフラッシュメモリを搭載した製品を149ドルで発売する可能性が高く、2Gバイトのバージョンが出る可能性もかなり高いという。

 Jobsはさらに、Motorolaとの提携の一環として開発された、iTunesとの互換性を持つ初の携帯電話機を発表するかもしれない。Motorolaの幹部は、先週ネバダ州ラスベガスで開催されたConsumer Electronics Show(CES)でこの電話機に言及したほか、Eddy CueというAppleの幹部も先月、Appleが今年前半出荷予定のこの電話機の開発状況に満足していることを明らかにしていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]