松下と三菱電機、ソニーの3社、宅内PLCネット仕様のアライアンスを設立

ニューズフロント2005年01月06日 14時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業、三菱電機、ソニーの3社は、電力線通信(PLC)ベースの家庭向けネットワーク普及を目指し、相互接続可能な仕様を確立するアライアンスCE-Powerline Communication Alliance(CEPCA、仮称)の設立で合意した。3社が1月6日に明らかにしたもの。

 PLCを使用するホームネットワークの実現には、接続する機器を供給するメーカー間で共通仕様を確立する必要がある。そこで、これまで3社は、PLCホームネットワークから宅外へのアクセスや、ホームネットワークの適用体系を明確化し、PLCに関する相互接続の仕組みとあるべき姿についての検討を行っていた。

 今後、CEPCAは非営利組織として活動し、国内だけでなく欧米の家電メーカーやIT企業にも参加を呼びかける。

三菱電機のプレスリリース
松下電器産業
ソニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加