マイクロソフト、スパイウェア対策ソフトメーカーを買収

Marguerite Reardon (CNET News.com)2004年12月20日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間16日、未公開企業のGIANT Company Softwareを買収したと発表した。GIANTは、スパイウェアやポップアップ、スパムメール用の対策ツールを提供する企業。

 MicrosoftはGIANTの技術を用いて、スパイウェアやそのほかの悪質なソフトウェアからWindows PCを保護するツールを提供していく計画だと述べる。これは、Windows XP Service Pack 2のセキュリティ機能を補完するものになると同社はいう。

 Microsoftの声明によると、同社は、GIANTのスパイウェア対策製品をベースに開発した新しいツールのベータ版を1カ月以内にリリースする予定だという。ユーザーは同ツールを使うことにより、PCをスキャンしてスパイウェアを検出し、それを削除することが可能になると同社は述べる。また、既知のスパイウェアやPCのに悪影響を及ぼすソフトウェアがインストールされないように、ツールを設定することも可能だ。

 Microsoftは、買収の金額面に関する詳細を明らかにしていない。また、新製品のリリーススケジュールについても、1カ月後をめどにベータ版ツールをリリースすると述べただけで、それ以上の詳細については言及していない。

 Microsoftのインターネットブラウザはここ2〜3年間、さまざまなセキュリティの脅威にさらされてきた。Internet Explorerのセキュリティホールを悪用した攻撃やスパイウェアのインストールが後を絶たない。よく使われる手口は、ユーザーが特定のウェブページへのリンクをクリックすると、攻撃者用のバックドアがユーザーのPCに設けられてしまうというもの。一度バックドアが設けられたPCは、攻撃者から何度もアクセスされ、保存された情報が読まれたり、ほかのソフトウェアをインストールされたり、ファイルを削除されたりしてしまう。

 MicrosoftのSecurity Business and Technology部門を担当するバイスプレジデントのMike Nashは声明のなかで「スパイウェアの問題は、日増しに深刻になっている。これらの脅威に対する効果的なソリューションを提供して欲しいという声がMicrosoftには数多く寄せられている。今回の買収を通して、われわれはWindowsユーザーに、スパイウェアや不正なソフトウェアを回避するための新しい技術を提供できるようになる」と、述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加