logo

日立、統合サービスプラットフォームBladeSymphony向け検証施設を開設

ニューズフロント2004年12月17日 15時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は12月17日、統合サービスプラットフォームBladeSymphonyを対象とするシステム検証施設「BladeSymphonyコンピテンス・センター」を2005年1月4日に開設すると発表した。東京都港区にあるハーモニアス・コンピテンス・センター内に設ける。当初、10人体制で運営を開始する。

 同センターでは、BladeSymphonyと同社製品、独立系ソフトウェア/ハードウェアベンダー製品を組み合わせ、システムの適正サイジング、性能チューニング支援、互換性検証/評価などのシステム検証や、構築支援、デモンストレーションを行う。

 第一弾の活動として、データベース製品Oracle Database 10gおよびクラスタ化技術Oracle Real Application ClustersをBladeSymphonyと組み合わせ、日本オラクルとの共同システム検証/評価作業に着手する。「共同検証/評価の成果をフィードバックし、同システム導入時の検証/評価や技術的問題の解決、さらには運用時の問題解決などを支援していく」(日立)

 両社は、日立の統合システム運用管理JP1とOracle Database 10gを連携させたデータベースについても、運用省力化に向けた技術開発と検証を行う。

日立製作所のプレスリリース

-PR-企画特集