東芝松下ディスプレイ、タッチパネル機能を組み込んだ低温ポリシリコンLCD

ニューズフロント2004年12月09日 14時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝松下ディスプレイテクノロジーは、タッチパネル機能を備える3.5型低温ポリシリコン液晶ディスプレイ(LCD)を開発した。同社が12月9日に明らかにしたもの。タッチパネル機能により、指などを使って画面から直接入力が行える。

 同LCDは、ガラス基板上に半導体回路を形成するシステムオングラス(SOG)技術を適用し、タッチパネル機能そのものをLCDのガラス上に組み込んだ。タッチスクリーンを外付けの別部品としてディスプレイに組み合わせる必要がなく、搭載製品の薄型化/小型化/軽量化が可能という。

タッチパネル機能を付加した「インプット ディスプレイ」

 26万色/QVGA(320×240ピクセル)表示の透過型で、画面サイズは対角8.9cm(3.5型)。 表示リフレッシュレートは60Hz、タッチパネル機能の読み取りデータレートも60Hz。

 同社は、同LCDの技術を、新潟県新潟市で開催中(12月8〜10日)の第11回ディスプレイ国際ワークショップ(IDW'04)で発表する。

東芝松下ディスプレイテクノロジー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加