NTTドコモ、米AT&Tワイヤレス株式を6950億円で売却へ

ニューズフロント2004年10月27日 14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米AT&T Wireless Servicesと米Cingular Wirelessは、両社の合併に必要な手続きを完了させた。投資用持株子会社を通じてAT&T Wirelessの株式約16%を保有するNTTドコモが10月27日に明らかにしたもの。

 合併は、Cingular WirelessがAT&T Wirelessを買収する形で行う。これにより、NTTドコモは、AT&T Wirelessの株式1株当たり15ドル、合計で約64億9500万ドル(約6950億円)を受け取る。

 NTTドコモは、2005年3月期連結決算において、関連会社株式売却益の約4970億円を営業外収益に計上する。単独決算については、2005年3月期決算に約4300億円の特別利益を計上する予定。これらの処理は、2004年5月7日に公表した決算短信記載の2004年度業績予想(連結、単独)に織り込み済みという。

NTTドコモのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加