logo

日本テレコム、12月に開始する電話サービスの基本料金を50円値下げ

ニューズフロント2004年09月16日 14時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テレコムは、12月1日に提供開始する新電話サービス「おとくライン」の一部基本料金を税抜きベースで50円値下げするとともに、全国一律の通話料金で利用可能な「Bプラン」を新たに設ける。同社が9月15日に明らかにしたもの。KDDIが同日発表した「KDDIメタルプラス」の価格設定に対抗するねらいがある。これにより、基本料金はNTTに比べ250円安くなるという。

 基本料金(月額、1契約回線)の改定内容は以下の通り(かっこ内は改定前、いずれも税込み)。

 【アナログ回線/事務所用】

  • 1級取扱所:2152円(2205円)
  • 2級取扱所:2310円(2362円)
  • 3級取扱所:2467円(2520円)

 【アナログ回線/住宅用】

  • 1級取扱所:1417円(変更せず)
  • 2級取扱所:1417円(1470円)
  • 3級取扱所:1575円(1627円)

 【ISDN64回線/事務所用】

  • 3549円(3601円)

 【ISDN64回線/住宅用】

  • 2709円(2761円)

 全国一律の通話料金(平日、昼間3分)の内容は以下の通り。

 【事務所向け】

  • 市内/市外は7.9円
  • 携帯電話は54円

 【住宅向け】

  • 市内通話料金は7.9円
  • 市外通話料金は14.9円
  • 携帯電話は54円

日本テレコムのプレスリリース

-PR-企画特集