logo

BEA、幹部の流出とまらず--今度はマーケティング責任者

Martin LaMonica(CNET News.com)2004年08月25日 19時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BEA Systemsの最高マーケティング責任者兼エグゼクティブ・バイスプレジデントが辞職した。経営の立て直しを図る同社では、過去数カ月の間に上級幹部の流出が相次いでいる。

 BEAが規制当局へ提出した書類によると、Tod Nielsenという幹部が8月26日付で同社を離れるという。辞職の理由については「他の関心を追求するため」とされている。

 同氏は、2001年にBEAがCrossgainという開発ツールメーカーを買収した際に、それまでCEOを務めていたCrossgainからBEAに移った。またCrossgainに加わる前は、Microsoftに12年間在籍し、ソフトウェア開発技術関連の業務に携わっていた。

 ビジネスアプリケーションの構築・稼働に必要なインフラソフトを販売するBEAは、今回のNielsenの辞職で、過去2カ月間に6人の上級幹部を失ったことになる。7月にはチーフアーキテクトだったAdam Bosworthが同社を離れてGoogleに移籍。また前最高技術責任者(CTO)のScott Dietzenという別の有名な幹部も8月初めに辞任していた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集