DeCSSのノルウェー人ハッカー、またアップルを標的に

Lars Pasveer(ZDNet Netherlands)2004年08月13日 10時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DVDに使われている暗号化技術を破る「DeCSS」コードを書いたノルウェー人ハッカーが、今度はiTunesとワイヤレスベースステーション間を流れる音楽を暗号化するAppleのAirPort Express技術をハックした。

 Jon Lech Johansenというこのプログラマは、AppleのAirPort Expressが、iTunesとワイヤレスベースステーション間で音楽をやり取りする際に、暗号化に利用している公開キーを公表した。

 AirPort Expressは、パーソナルコンピュータとオーディオ機器を接続するワイヤレスブリッジとして2004年6月にリリースされた。なお、「 So Sue Me」という名のJohansenのウェブログでは、AirPort Expressのコードの詳細も公開された。

 Johansenはまた、Apple iTunes以外のソフトウェアでAirPort Expressに曲をストリーミングできるようにするJustePortというプログラムも書いてしまい、Appleにとっては泣き面に蜂といった状況だ。

 Johansenの仕事のおかげで、これまではiTunes 4.6が必要だったAirport Expressへのストリーミング送信を、ほかの人気ソフトウェアを使って行えるようになるのも時間の問題となった。

 Johansenは、DVDのDeCSS暗号スキーマを回避するプログラムを開発して一躍有名になったが、このプログラムは大きな論争を巻き起こした。

 同氏は2003年に映画業界から告訴されたが、ノルウェーの裁判所が、合法的に購入したDVDを自分のLinuxマシン上で鑑賞するプログラムの開発は合法という判断を下したため、同氏は辛くも刑事罰を逃れていた。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加