Windows XP SP2のリリース、土壇場で再度の遅れ

Ina Fried (CNET News.com)2004年08月05日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、待望のWindows XPのアップデートのリリースを、またしても延期した。品質への懸念が理由だという。

 MicrosoftはWindows XP Service Pack 2(SP2)の開発を今週中にも完了させる予定だった。しかし、同社関係者によると、さらに追加の作業を行わなければSP2が製造ラインに渡せる状態にならないと、4日遅くになって判断が下ったという。

 Microsoftでは、これまでにも数回に渡って、SP2のリリース延期を余儀なくされてきており、最近では7月に予定されていたリリース日を8月まで遅らせている。SP2は当初、6月にリリースされる予定だったもの。ただし、Microsoftは依然として今月中のリリースを目指していると、複数の関係者が述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加